人気ブログランキング |

伝統工芸士さんの技を堪能*漆丼

『暮らしの中でほっと安らげるモノ達を 心をこめてあなたに…』

広島の藍染K工房直営のセレクトショップ
『藍染とうつわ  あとりえしおん』です

自宅の丼、磁器、陶器、漆器が揃っていますが、
出番が一番多いのが朱漆の丼です。

お店で取り扱っているものの使い勝手を知るため、
自宅で使ってみることしばしばです。

この丼もそのためにまず1客自宅で使ってみて、
手触り、口当たり、扱いやすさ、機能性に惚れ込み
すぐに家族分を揃えました。

その良さを自信を持ってお伝えしているので、
お店で根強い定番の漆器です。

木製、本漆塗り、国内の伝統工芸士さんが1個1個
仕上げて下さる貴重な器です。

地塗りのとのこの凹凸感をすこ~し残した
表面の感じが、堅牢だけど無骨ではない
カジュアルモダンな雰囲気なのです。

我が家では、うどんやそば、丼物以外に
パスタ、雑炊、ポトフ、八宝菜、おでん
煮込みハヤシ、カレー…
多様に使いまわしています。

熱々のメニューが冷めにくく、
うつわを手で持った時には熱さが緩和される、
という優れもの!

c0210660_23124955.jpg
使うほどに、漆器は艶を増してゆきます。
良質な漆器は劣化してゆくのでなく、
育ってゆくのです。
c0210660_23124958.jpg
今、店頭にある新品の丼は、少しマットな感じです。

近々自宅の丼を持っていき、比べてみよう…。
どのくらい変化しているのか確かめるのが楽しみ。

天然素材の器をしっかり使って、育ててみませんか?





by saranobori | 2018-11-28 23:12 | うつわ

藍染工房直営の藍染作品とうつわの店「あとりえしおん」の広報誌「しおんだより」は今年で発刊30年目! WEB版でもお店・ギャラリー・サロンレッスンにまつわる、暮らしを豊かにする情報をお届けします.


by saranobori