シンプルな漆器は万能でお手入れも楽です

『暮らしの中でほっと安らげるモノ達を 心をこめてあなたに…』

広島の藍染K工房直営のセレクトショップ
『藍染とうつわ  あとりえしおん』です

天然木漆塗りの漆器、扱い方が心配ならば、
まずはシンプルな無地(絵柄のない)がおススメという
昨日の記事の続きです。

日常使いのお椀は一般的な汁椀のサイズと
少し大き目サイズを使っています。

便利に良く使うのは大碗の方です。
豚汁、けんちん汁、具だくさんの汁物を注ぐ時に
大き目の椀にゆとりを持たせて入れるほうが、
落ち着く感じです。

お雑煮も、大き目のお椀さえあれば、これで十分。
c0210660_15232127.jpg

別の献立では同じ大椀がサラダボウル、
お煮しめを入れていた漆小鉢に蕪のポタージュ。

c0210660_13264874.jpg
暮れに頂いていた草餅を入れたおぜんざいも
たっぷりとした大椀に。
c0210660_13264876.jpg
段々といつもの献立になってきて、昨日は肉じゃがが
大椀に。
寒い時期にほっこりと手に収まる木のお椀の感触から
離れられません(笑)
c0210660_13264820.jpg
お店の漆器コーナーにあるシンプルな漆器のなかの
『無地で深みのある朱の大椀』は、
「実際に家で使ってみたら良かった~このサイズ!」
「ペアでお祝いにしたあのお椀、とっても喜ばれました♪」
「子供が成長し、家族皆このサイズにしたいので
買い足しに来ました。」
ご家庭で多様に使いまわせて便利という私の実感に
共感して下さる方から、嬉しいお声が寄せられます。

今日のお題は【普段使いの漆器の上手な使い方】
アドバイスを秋田・川連漆器の工房のしおりを参考にお伝えいたします。

☆新品商品の使いはじめに一度だけ生温かいお湯(45度前後)に
 1分程度浸して、商品を馴らして下さい。いきなり熱湯を入れますと
 変色やゆがみの原因になる事があります。
☆食洗器、乾燥機、電子レンジには入れないでください。
☆使用後は長時間水につけたままにしないでください。
☆器類の油汚れは手のつかる程度のお湯や中性洗剤で、
 硬質なものとは分けてお洗い下さい。
 その際やわらかいスポンジ等でやさしく洗い、たわし・クレンザー等
 研磨剤は使用しないで下さい。
☆洗い上がったら、柔らかめの布巾などで水気を拭いて下さい。
☆日常お使いになるお品は、そのまま食器棚等に収納して下さい。
☆直射日光の当たるところや、乾燥する場所に長時間置かないでください。
      *****************
日常使いの漆器は食事後水につけたままにせず、
柔らかいスポンジを使って洗い、やわらかい布巾で拭き上げ、
食器棚に収める。それだけです。

その他お客様からのご質問に答えて頂きました。
☆スポンジの選び方→自分の手の甲をこすっても痛くない素材を基準に
☆中性洗剤→環境に優しいせっけん洗剤は中性ではないので使えませんか?との
 ご質問を頂きました。漆器は酢の物なども盛りますし、本来酸にも強いので
 弱酸性の洗剤でも心配ありません!との事でした。

どうぞご参考になさって、漆器のある毎日を楽しんでみて下さい。

最後に、木製本漆塗りのお椀などが破損(割れ・欠け・ヒビ・剥げ)した場合、
破棄せずご相談下さい。お直しする事も可能です。
あとりえしおんでは、お直し品の相談受け付けを常時行っております。
1月末までにお持ちになったものは、2月初めに工房主にお届けとご相談を
してまいります。
よろしくお願い申し上げます。

****************************
2019年1月8日(火)より通常営業いたします。  
    よろしくお願い申し上げます。
****************************
レッスンや相談会のお申し込みは↓↓お問い合わせフォーム、
又はTEL&FAXにてお気軽にどうぞ♪
皆さまのご参加をお待ちしております162.png
****************************
072.gif大田耕治 WEBサイト  INDIGO WORKS
  以前からの作品紹介サイトをリニューアルいたしました。
  今はHP内にリンクをはっております。
  SHOPにおこしただけない方も是非ご覧下さい!

****************************
ランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
広島ブログ
応援していただけたら嬉しいです♪


【イベント案内最新情報】

event


【レッスン案内最新情報】

lesson


【レッスン報告】
シオンスタイルレッスンレポート















by saranobori | 2019-01-06 13:26 | うつわ

藍染工房直営の藍染作品とうつわの店「あとりえしおん」の広報誌「しおんだより」は今年で発刊30年目! WEB版でもお店・ギャラリー・サロンレッスンにまつわる、暮らしを豊かにする情報をお届けします.


by saranobori